オリジナルTシャツネット

OriginalT-ShirtNET

第2回訪問記 ラブ・ラボ

「お客様の笑顔をみると、さらに頑張らねばと意欲が増すんですよ。」
1975年今の会長が谷本タオルとして創業。オリジナルTシャツは今の谷本社長が1994年脱サラしてスタートして以来手がけている。
その後年々増収、増益を続けいまやオリジナルTシャツのリーディングカンパニーとして全国に広く名前が知れわたっている。


意気揚々と話す谷本社長

若さにあふれ、広大な敷地の明るい社内。
社長は若く行動力抜群。人柄は気さくで腰も低い。そのせいか、社員の応対も非常にソフトで丁寧だ。お客様からの問い合わせにはクイック・レスポンスを心がけ、電話でもフォローして確認しているため安心して任せられる。2006年、営業オフィスと工場を統合し、より効率・合理化をおこなった。閑寂な郊外の広大な敷地に大きな工場があり、隣接する明るい事務所には若い人たちが活気にあふれている。大きな工場は実に衛生的で最新機が並び手際よく作業がすすむ。


社員の応対もGOOD


清潔な工場内

お客様からの写真やお礼状も、たくさん。
本社は四国高松にあるが東京、大阪はじめ全国各地からの注文が入ってきている(東京にも事務所あり)。大口のユーザー様からの注文も引きも切らない。納期も最短で3日という驚くような管理体制、作業効率である。実際、注文された多くのお客様に後でお礼状と“作品”を着た写真を送っていただいているのもラブラボの大きな特色だといえる。「お客様の笑顔をみるとさらに頑張らねばと意欲が増すんですよ。企業はお客様に育てていただくものだから」と笑顔の谷本社長の信念がいきわたっている会社である。
タオルやはっぴなども手がけます。
四国高松は古くからのタオルなどの地場産業がある。ラブラボもその伝統を受けて、アイディアを凝らしてお客様のニーズに答え、Tシャツだけでなく、トレーナー、バッグからタオルやはっぴまでなんでも請け負う。Tいつでも何でもお気軽にご相談ください。」感じのいい多くのスタッフが自信を持ってそう話している。


大型の機械

株式会社ラブ・ラボ