オリジナルTシャツネット

OriginalT-ShirtNET

オリジナルができるまで

当サイトで見積もりすることが出来る、オリジナルTシャツの製造工程です。
あくまで一般的なものなので、その他、刺繍を入れたり、特殊な印刷、加工をするなど、様々なニーズに対応できます。それぞれのメーカーに確認をして下さい。

下部でも説明がありますが、特殊加工のほかにも、生地から作るいわゆる「オーダーメイド」Tシャツも可能です。
作りたいものの全体的なイメージや予算などを決めて、各メーカーに相談してみるとよいと思います。

生地選定⇒裁断⇒縫製⇒プリント⇒仕上げと一貫した流れがありますが、通常は既存の無地Tシャツにオリジナルのデザインをプリントしたものが安く手軽にできるもっともポピュラーなものです。
通常のオリジナルTシャツの製造工程(※)
1. デザインのデータを作ります。
お客様のご要望やラフスケッチをもとにメーカーがデータを作る場合と、お客様が完全データを入稿する場合とがあります。
2. 画像を加工したデータでフィルムをつくります。
3. できたフィルムを版に焼き付けます。
4. 製品にインクをぬります。(シルク印刷)
5. できた商品を乾燥させます。
6. 梱包、仕上げをします。
7. できあがり!

従って、お客様はどんなデザインで何枚つくりたいか、どこにどんな印刷をしたいかなどを事前に決めてからメーカーに連絡しましょう。
3. の版をつくるのに通常、版代が数千円~1万以上かかります。(これはプリント代と別になります。)
型からつくる完全オリジナル特別商品のとき(オーダーメイド)
1. 型(パターン)、制作枚数を決定します。
2. 生地を選定(生地、色を選定します。)します。
3. 型にあわせて裁断します。
4. 縫製します。
5. その後は(※)と同じ。

これはTシャツ自体から完全にオリジナルを依頼するケースで、いわゆるオーダーメイドです。
予算は高くなりますが、どこにもない生地にオリジナルのデザインを印刷するので
完全に世界で1つだけです!
番外)印刷方法&特殊印刷について
(※)で説明した印刷方法は、ベーシックなシルクプリント印刷と呼ばれるものです。
耐久性とコストに優れたプリント方法です。

他の印刷方法は、たとえば通し番号を入れる「カッティング印刷」、布地を染める「昇華プリント」、グラデーションなども表現できる「インクジェット印刷」、などなど。
それぞの印刷に適した生地があり、また、印刷方法を変えるだけで雰囲気はガラリと変わります。
特殊印刷としては、「ラメ」、「発泡」、「スウェード」、「抜染」、「蓄光」などなど。
加工としては刺繍加工が人気です。
様々な加工方法を合わせながら、満足のいくものを作り上げて下さい!